QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
しんちゃん
しんちゃん
親の代からの厨房屋で、因習的な古い街の京都で、義理と人情と痩せ我慢でやっております。これが商売人の張りと粋(意気)と心得ますが、歳を取りましても中々スタイルが買えられず、カミさんや三人の子供たちには何時も笑われております白髪頭の厨房屋のオヤジです・・

2018年06月16日

みんな旅の途中です・・


11年間ご使用頂いた台下冷凍冷蔵庫の

入れ替えを来週早々にと古いお得意様から


頼まれましたが、その11年前を思い出します

納入当日のご主人夫婦との話の中で、


「大将とこで小型の台下を買って居酒屋を
夫婦でこれ1台で始め、9年間頑張って来て
初めての入れ替えですわ・・
休みなしで毎日働いて、娘が一人いますけど
何処へもよう連れてやれません・・ 
娘はディズニーランドに友達みんないったはるし
自分も行きたい、塾にも行きたいと言いますが、
経済的にも時間的にも何処にも連れては
やれませんまま日が経って、今では何にも
言いませんのが可哀そうで・・」


「ウチでもそうでっせ!でも解ったはりますて! 
時間が有ったらどこでも連れてくれはる事くらいは
娘さんもちゃんと解ったはりますて!毎日休まず
仕事したはる訳もちゃんと知ったはります!
お嬢ちゃんが解ったはる事自体が親としたら
心がしめられる事ですけど・・」

小生も自分に言い聞かせる様に言うのですが

11年前のご主人との関西弁丸出しの会話です。




その日も新規商品の搬入、設置が終わり、

処分の台下をトラックに載せる際に、大将が


奥さんに 「おーい、持って来いや!」

「用意してるわなアンタ!」


一升瓶を持って来られて廃棄処分の古い

台下冷蔵庫にお二人で


「御神酒代わりや!永い間ご苦労さん・・」

丸々一本かけて下さいました。

弊店も嬉しかったです・・


今回の入れ替え時には現在お店を手伝って

おられる娘さんが、またお神酒をかけて

送って下さるのでしょうか・・


厨房屋の白髪頭のオヤジも頑張ってまので

これからも、大将もご家族で頑張って下さい・・




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
責任者 今石 信太郎
090-1900-2973
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-8
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL   : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
  


Posted by しんちゃん at 13:51Comments(0)厨房機器の話